「彼女の作り方がわからない!」「どこで出会えば良いんだ!」と嘆く社会人は多いハズ!

当サイトでは3ヶ月で彼女を作ってもらう方法を解説しており、本当に彼女欲しいと思っているならほぼ間違いなく達成できます。

恋愛アドバイスにありがちな「合コンに行け」「自信を持て」「目を見て話す」「積極的に」などの表面的なうっすーいアドバイスはしません!というかこれ全部ズレてます。

受け売りの知識よりも筆者が実践したリアルに具体的で、本当に使えるアドバイスをお伝えしていきたいと思います!

彼女を作るポイントは4つ

  1. 最低限の見た目
  2. たくさん出会う
  3. デートの店と会話のコツ
  4. アプローチの目標設定

そしてこの中で一番重要なのが「たくさん出会う」こと。「それができないから困ってるんだよね?」という方も多いと思いますが、もちろんその課題もしっかり解決していきます。

遅くとも3ヶ月、早ければ1ヶ月で彼女は作れます!是非参考にしてみてください!

彼女を作る時の大切な心構え

彼女作りに労力をかける覚悟を決めよう

まず彼女が本当に欲しいと思うならそれなりの労力をかけ、それなりの努力をする覚悟を決めましょう。

恋愛においても努力と労力の量に応じた結果が生まれます。頑張るほど早く彼女ができますし、頑張るほど可愛い彼女を作れる確率は増します。

少し面倒に感じるかもしれませんが、その代わり一度本気で努力して身についたモテ要素は一生モノ。ゲームで言うと自分のレベル上げのようなもので、一度上がったレベルは下がりません。

それなりの労力と努力を費やす覚悟を決めましょう。

リスクを排除して積極的に

たくさんフラれながら経験値を貯めるわけですが、フラれることで生まれるリスクを排除することが大切。

例えば職場でフラれると仕事がやりづらくなったり、変な噂が出回ったりとフラれた後のリスクがありますね。他にもこの女性にフラれたら次はないというような状況。

だからこそ恋愛に奥手になってしまう、いわゆる「フラれたらどうしよう」というやつです。逆に別にフラれたとしても何の問題もないという状況であれば、積極的に攻められるもの。

恋愛アドバイスで「いいから積極的にいけ!」というのは大きな間違いで「フラれても何の問題もない状況だと自然と積極的にいける」というのが正しい理解です。

最低限の見た目は整えよう

イケメンである必要はない

まずイケメンでないことはハンデになりません。普通です。

渋谷を歩いていても顔がかっこいい男は15人に1人くらい。服がかっこいいとか雰囲気がモテそうな人はもっとたくさんいますが。

一方で可愛い女性は5人に1人くらいはいますね。明らかにイケメンより多いわけです。

つまりイケメン1に対して可愛い女性が3なので、仮に可愛い女性がイケメンとしか付き合わなかったとしても、残りの2の可愛い女性はイケメン以外と付き合うわけです。

つまり可愛い彼女をゲットするのにイケメンと戦う必要はなく、モテる雰囲気を出してフツメンの中を勝ち上がれば良いわけです。

清潔感

モテる雰囲気を作る土台となるのは清潔感。髭はキレイに剃りましょう。肌が汚いなら化粧水や乳液を使うべき。

髪型は短くできれば額を出すスタイルが爽やか。長めの髪は汚く見える上にイケメンでないと似合わないのでやめましょう。

服は首元がよれていないか、ジワシワではないか、シミがないか、ほつれていないか。またサイズも大切で、肩の位置はあっているか、袖は長くないか、ズボンの裾は余っていないか。

最後に口臭・体臭。仕事終わりのデートの場合はほぼ間違いなく口臭がありますから必ず歯磨きをすべき。正直女性ですら臭いますから、男性はなおさらです。

清潔感に関してここでは書ききれないので自信がない人は以下を参考にしてみてください。
→清潔感を演出してモテる男へ!モテる男の絶対条件

流行りを取り入れる

服装や髪型などには多少の流行りを取り入れましょう。流行りは刻々と変わるのでここで詳しくは書けませんが、流行りの追いかけ方はあります。

まずは服屋の店員に聞いてしまうこと。ファッションに疎ければとりあえず以下のショップはハズレがありません。

  • SHIPS
  • UNITED ARROWS
  • NANO UNIVERSE

またファッション雑誌はとりあえずMENS JOKERを読んどけば社会人のファッションは大丈夫です。大学生ならFINE BOYSとSMART。

あと大切なのは街を歩いて何が流行っているか、どんな組み合わせがかっこいいかを見ること。

ショップ店員やファッション誌だけだとオシャレ過ぎて浮くことがあったりするので、リアルなファッションを見ることも重要です。

男は女性のファッションをあまり気にしませんが、女性は男のファッションをかなり気にします。ちゃんと気を遣うべきでしょう。

一番大切なのは出会いを増やすこと【超重要】

出会いの数を増やす3つの重要性

1,出会いが無ければ始まらない

この前には見た目と心構えの話をし、この後にはデートやアプローチの話をしますが彼女の作り方において一番重要なのは間違いなく「出会い」です。

彼女を作るための公式

出会い数

×

自分の見た目(%)

×

デートとアプローチの上手さ(%)

彼女ができる確率

見た目やデートは完全にマスターしても1にしかなりませんが、出会いは10にも20にもなり彼女ができる確率に与える影響は段違いです。間違いなく出会いがいちばん大切なのです。

2,経験値を貯める

また後述するデートとアプローチの上達法は全て実践することが前提です。

つまりたくさんの女性と出会って経験値を貯めることが、デートとアプローチの上達法の根幹。

「もっとこうすればよかった」「次はこうしてみよう」の連続で経験値はたまりますから、まずは出会うことが大前提なのです。

3,フラれても気にならなくなる

アタックできる女性が1人しかいないと絶対に失敗したくないという気持ちが強くなり、積極的にいけなくなったり、過度に緊張して上手く行きません。

また人によっては女性になんとか気に入られようと奴隷のような御用聞きになることも。ですが基本的に女性は奴隷っぽい男とは付き合いません。

それよりも引っ張っていってくれる男のほうが遥かにモテます。そうなるために必要なのが「失敗しても次があるから攻めてみるか」という気持ち。

モテる男がとことんモテるのは「次があるから」という余裕と、その余裕から生まれる自信です。出会いが少ないと必死感が出て気持ち悪くなるのです。

「だからその次が無いから困ってるんだろ!」とおっしゃる気持ちはわかります。次はいよいよどうやって出会えばいいかを解説していきましょう!

どこでどうやって出会いばいいの!?

合コン

定番ですが実は全くおすすめできません。そもそも何度も合コンできるほどの人脈が必要で、短期間にたくさん出会うことは難しいです。

さらに友達と一緒なので積極的にと言ってもあまり自分勝手な行動はできず、ときには可愛い女性の取り合いになります。

また人数が多く深い話ができないので、どうしても見た目勝負になり結局モテるのはイケメンだけとなります。筆者は呼ばれてもほぼ行きません。

街コン

2013~15年くらいはかなり良かったですが、今はオワコン。街コンで調べればわかりますが「男性募集締切、女性大募集中!」などとなっており、女性の参加者が非常に少なくなっています。

サークル・習い事

社会人の出会いの定番のように言われますが、流石に手間がかかりすぎます。あくまで趣味を楽しむことがメインではじめるのはアリですが、彼女作りにはおすすめしません。

そもそも恋愛目的で入ってきたことがバレると、古参からつまはじきにされて結局何も上手く行かなくなります。

婚活パーティー

結婚を前提とした彼女を作りたいのであればオススメ!ただ言わずもがな女性は30代以上が多く他の出会いに比べて女性のランクも落ちるのがネック。

ナンパ

それができたら苦労はしねぇですね。筆者もやったことがありません。

社内・取引先

社会人の恋愛の定番ではありますが、冒頭にフラれた後のリスクがあると積極的になれないと書きました。

実際に社内恋愛失敗の末会社に居づらくなって転職という例も見てるので、個人的にはあまりおすすめできません。

同窓会

非常におすすめ!フラれてもそんなに頻繁に会うわけではないのでリスクはかなり少なく、さらに全くの他人ではないので女性側の警戒心も弱めです。

ただそんなに頻繁に行われるわけではないので、たくさん出会えるわけではありませんね。

友達の紹介

こちらもおすすめ!紹介してくれる人脈が必要ですが共通の知り合いがいるという安心感が女性にあり、心を開いてくれやすいです。

ただ何人も紹介してもらうわけにもいかないため、たくさん出会うという点では微妙です。

マッチングアプリ

個人的にはペアーズ等のマッチングアプリが一番いいと思います。恋活と呼ばれるジャンルですね。フラれた後のリスクはほぼゼロ。また女性登録者が非常に多く、頑張れば月に4,5人に会えます。

ネックがあるとすれば月額が4000円程度かかることですが1回の合コンより安く、4000円で4,5人の女性とデートできる方法は多分他にはありません。

出会いはマッチングアプリの時代

社会人になるとどうしても出会いの数は限られてきます。そんな忙しい社会人こそマッチングアプリを使って、効率よく出会いを増やすべき。

「本当に出会えるの?」という問に関しては「予定さえ合えば毎週末違う女性とデート」できます。

これだけ出会えてしまうと本当にいろいろなことが試せますし、仮にフラれてもなんとも思わなくなります。すると肝が座ってきて振る舞いも堂々としモテ出すわけです。

デートするまでの流れ

仕組みは簡単で相手のプロフィールを見て良いと思ったら「いいね」を押します。すると相手に「〇〇さんがいいねと言っています」と通知があり、相手も良いと思ったらマッチング成功。

ここからアプリ上で1週間ほどメッセージを交換した後「今度食事でもいかがですか」と言うだけ。

女性も出会いを求めて登録しているわけですから、デートに誘うのはかなり簡単です。

なので大体1週間程度で女性とデートできることになりますから、正直合コンなど他の方法で出会うのに比べると断然効率が良いです。

個人的にはペアーズが一番おすすめで、多い月は5人とデートすることができました。

可愛い子と普通に出会える

「可愛い女性はモテるからアプリなんてやってないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、可愛い女性は驚くほどいます。

街を歩いていて「あ、カワイイな」と思う女性と普通にメッセージができるという奇跡が起こるのです。普通の男がかわいい女性と知り合う手段はナンパかペアーズ等のアプリかの2択ではないでしょうか。

もちろん疑う気持ちはわかりますが、登録してみればわかります。本当に普通に可愛い子がたくさんいます。

どんなデートでどんな会話をするべきか

予算5000円前後の食事をしよう

最初のデートは夜の食事が無難。まだ知り合って間もないのに丸1日一緒にいるのはお互いに疲れます。

そうするとお酒を飲みながらということになりますが、食事の予算を間違えると大失敗します。気をつけたいのはぐるなび等で予算1人3000円前後となっている店。

3000円台の店は大学生が非常に多く、店がうるさいことが予想されます。仮に個室をとったとしても、隣の個室で騒がれたらたまったものではありません。

席に関してはそこまでこだわらず、あれば個室でもいいですし、普通のテーブル席でもいいでしょう。ですが予算は1人5000円前後の少し落ち着いた店を選ぶようにしましょう。

どうしても店選びに困ったらOZmallというサイトを見てみましょう。キラキラしたい女性のためのサイトで、女性が好きそうな店がわんさか載っています。正直どれも一緒に見えますね。

会話を上手く運ぶ3つのポイント

1,7割聞いて3割喋る

まず基本的に男は聞き役になるべき。逆に男がたくさん喋るデートは失敗の可能性が高いです。

盛り上げなきゃ!楽しませなきゃ!と思って色々と喋ろうとするのは逆効果。それよりも女性は話を誰かに聞いてもらいたいものなので、女性にたくさん喋ってもらいましょう。

女性はたくさん喋れば喋るほど「今日は楽しかったな」と感じます。喋り上手よりも聞き上手になりましょう。

2,女性が興味ある話題を深掘りする

仮に女性の趣味が映画鑑賞だったとします。自分が全く映画好きでなかったとしても、その話題を深掘りしてあたかも興味がある風に質問しましょう。

会話例

「映画か~見たいんだけど最近見れてないんだよね~〇〇ちゃんの最近のおすすめはなんかある?」

「色々あるけど~〇〇とか面白かったよ」

「へ~!タイトルはなんか聞いたことある気がするな~どうゆうやつだっけ?あ、結末は言わないでね笑」

「えとね~・・・・でね・・・でね、〇〇君が超かっこいいの!」

自分が興味ある話題なんてどうてもよくて、とにかく女性が興味ある話題で会話をすることです。これが聞き上手の絶対条件です。

3,話しやすいようにリアクションする

質問攻めにしていては面接のようで女性も楽しくないですし、喋りにくくなりますから適切なリアクションを取りましょう。以下4つの要素を入れると非常に話しやすいです。

リアクションのポイントは4つ

  1. 相槌(へ~、えー!、大変だったね~、それすごいね!)
  2. オウム返し
  3. 感情や感想(女性に共感)
  4. 質問で深掘り
会話例

「一昨日財布落としちゃったの~」

「えー!財布落としたの!?めっちゃ焦るな笑 で、見つかった?」

興味津々なリアクションというのは相手も話していて非常に気持が良いもの。ただ質問するだけでなく、しっかりとリアクションをとることが会話上達の秘訣です。

共感して共感して共感する

リアクションについてもう少し解説すると、とにかく共感せよ!ということです。女性にとって共感することが優しさであって、諭したりや間違えを正すことは決して優しさではありません。

「財布を落とした」という文章の中には「私の話を聞いて」「びっくりでしょ!?」「すごい大変だったの」「その後が気になるでしょ?」という要素が入っています。

それに対応するようにオウム返しでちゃんと聞いているアピール。「えー!」で驚き、「焦るな笑」で気持ちの共感、そして話の続きを尋ねるわけです。

ここで「気をつけないとダメだよ」などと言って諭すのはやめましょう。聞き上手になるには共感のリアクションが大切です。

目を見て話さなくていい

ちょっと番外編で言っておきたいことがあります。それはやたらめったら「人の目を見て話せ」とアドバイスする人がいますが、その必要はないということ。

一番ダメなパターンは目を見て話そうとして相手の目を見るものの、実際に目が合うと反射的に目線を外してしまい完全に挙動不審になるパターン。女性の感想は「なんかこの人キモいなぁ」です。

またずっと目を合わせながら話すのは心理的に相手を威圧する手法でもありますから、やったところで「この人なんか怖い」となります。

なので本当に意識するべきは女性の話を聞いているときに相手の目を見ること

自分が話しているときに目が合うとドキッとしますが、聞いている時は意外と平気。さらに相手の話を熱心に聞いているアピールにもなります。

話すときではなく聞いているときに目を合わせるという意識をしましょう。そしてその場合自分からは目をそらさないように。

デートでしておくべき2つの話題

1,恋愛話

これから付き合うかもしれない女性なわけで、お互いの恋愛観はある程度わかっているべきですし、またお互いに恋愛を意識させる必要があります

女性とデートしても付き合うまで進展しないパターンは、女性に恋愛を意識させることができておらず、同性の友達との会話のようになっているケースが多いです。

「どれくらい彼氏いないの?」とか「好きな男のタイプとかある?」などから恋愛話に移行し、相手から聞かれれば自分も答えましょう。

2,次回のデートにつながる話

忘れがちですが付き合うためには今後もデートをする必要があり、1回目のデートのときにすでに2回目のデートの布石を打っておくべきです。

例えば女性の好きな食べ物、ハマっていること、行きたいお店、見たい映画などを聞き出しておき、自分もそれに興味があると言っておけば誘いやすくなります。

デート後のLineで「そういえば〇〇ちゃんが言ってた△△今度一緒に行こうよ」と自然に誘えますし、女性も興味があることなので誘いに乗ってくれやすくなります。

告白などのアプローチの仕方

デートの目標を立てておく

アプローチとは英語で「近づくこと」を意味しますが、なんとなく一緒にいるだけでは距離は縮まりませんし、友達だけど恋愛対象ではないというポジションになる可能性があります。

デートはするけど付き合うまでに至らない人は、アプローチができておらずただ楽しく会話してればいいと思っているケースが多いです。

それを防ぐために1回1回のデートにおいてしっかりとアプローチの目標を立てておくことが重要。

例えば1回目のデートでは恋愛の話をして、自分の好きなタイプがその女性が当てはまるように言うことで異性を意識させる。

2回目のデートではその女性を褒め、それとなく惚れていることを伝える。

そして3回目のデートでは告白するなど、あくまで「異性としてあなたを見ています」ということを意識させましょう。そのために目標を立てるのです。

女性の褒め方と好意の伝え方

褒め慣れてない人にとって女性を褒めることは非常に難しく感じます。また好意を伝えるのも結構難しいですね。

ただ女性を褒めることも、好意を伝えることもアプローチには非常に重要なテクニックです。

ここでは2回目のデートで使える相手を褒めつつ、好意を伝えるテクニックを紹介しておきます。

会話例

「てか〇〇ちゃんホントに彼氏いない?」

「いないよ笑」

「いやこの前会った後考えたんだけど、〇〇ちゃんカワイイし、喋ってて楽しいし、モテそうなのに彼氏いないってなんか騙されてんじゃないか思って笑」

「なにそれ~笑」

女性を褒めつつ、彼氏がいないことを入念に確認することで狙っていることを伝えるテクニック。特に喋ってて楽しいと言うのがポイントです。

脈アリか脈ナシか

女性の仕草や連絡の頻度などで脈アリか否かを判断するテクニックがあるようですが、本来そんなものは必要ありません。

デート中にしっかりとアプローチをしていれば、そのアプローチを受け入れているか否かで脈アリか脈ナシかを簡単に判断できます

1回目のデートで好きなタイプを目の前の女性が当てはまるように言ったとします。もちろんこれもアプローチの一種。

すると女性は「私は恋愛対象として見られている」と意識し、それが嫌であれば2回目のデートには来ないわけです。

さらに2回目のデートで彼氏の有無を再確認されれば、さらに明確に「私は彼女候補になっている」と意識し、それでも3回目のデートに来てくれるなら明らかに脈アリ。というか8割方彼女になる覚悟があります。

なので彼女を作りたいのであれば必ずデート中にはアプローチをしかけるべきでしょう。必ずです。

付き合いたいなら3回目に告白を

社会人になるとなかなか頻繁にデートはできないため、告白するなら3回目のデートにはしたいところ。

上述しましたが1回目、2回目のデートで異性を意識させた上で3回目のデートに来てくれているということは、女性もあなたに好意がある証拠です。

告白の仕方は特に工夫する必要はなく、むしろ変にこねくり回すと失敗します。3回目のデートの終わりに「付き合ってください」とだけ言いましょう。

告白の仕方はさほど重要ではなく、それまでに異性としての距離をいかに縮めるかが重要です。

ゴルフと同じで1打2打でアプローチショットを打ち、後はバターで当てるだけ。何のアプローチもせずいきなりホールを狙うのはホールインワンを狙うのと同じ行為です。

大体3回デートするのに1~2ヶ月かかるとすると、ペアーズをはじめてからマッチングするまでに約3ヶ月以内で彼女ができる計算になります。

可愛い彼女を作るには出会いの数が物を言う

たくさん出会って経験値を貯める

社会人の彼女の作り方をまとめると、まずは最低限の見た目を整えること。

そして次にペアーズなどのマッチングアプリを使ってたくさん出会い、たくさんデートこなします。

その中で女性との会話の仕方、距離の縮め方が上達し、さらにたくさんの女性に合うことで自分との相性が言い人に出会える可能性も高まるのです。

恋愛を上達させるにはたくさん実践をこなす必要がありますが、緊張するのは最初の1,2回だけ。3回目以降は結構慣れてくるため、振る舞いも堂々としてモテはじめるでしょう。

可愛い女性でも高確率で落とせるようになる

会話や距離の縮め方が上達し、いくらでも出会えるから別にフラれてもいいやと思い始めたらモテ人生が開幕します。

可愛い女性は確かに色々な男に言い寄られますが、可愛いがために絶対に逃すまいとガチガチ緊張したり、必死さが出て気持ち悪くなりがち。

そこに「別にフラれても構いませんけど」と余裕の男が現れれば大きなアドバンテージを得られます。こうして臆することなく可愛い女性にアタックできるようなるのです。

まとめ

  1. 見た目を整える

    清潔感を出し、ショップ店員に聞いたり雑誌を見てファッションには流行を取り入れる。

  2. たくさん出会う

    たくさんの女性と出会ってデートすることで自分をレベルアップし、さらにフラれても大丈夫な状況を作る。そのために筆者的におすすめなのはペアーズ

  3. 予算5000円の店で、会話は聞き役に

    ぐるなびで予算3000円の店は避ける。また会話は女性の興味のある話題を深掘りし、興味があるかのようにしっかりとリアクションを取る。

  4. 異性として距離を縮める

    友達認定されないようにデート中はなるべく相手に異性であることを意識させることが重要。また告白は3回目のデートでシンプルに。

いかがだったでしょうか。一度本気で努力すれば後はいつでも彼女が作れる状態になります。努力のポイントはいかに多くの女性とデートをこなすか

是非出会いのチャンスを増やして可愛い彼女を作ってください!