もうタイトルの通り、モテたいならさっさと眼鏡をはずそうということです。単純に眼鏡をかけているだけで魅力が半減しモテにくくなります。

眼鏡をかけながら恋愛を頑張るというのは、重りをつけてマラソンをしているようなもので、あえてハンデを課したまま恋愛をする必要はどこにもありません。

メガネはなぜモテない?

メガネはモテないイメージとかそんな生易しいものではありません。メガネは事実としてモテないのです。その理由をちゃんと考えたことがあるでしょうか。

例えばカッコいい芸能人の95%は眼鏡をしていません。もちろんイケメンは全員目がいいなんてはずはなく、眼鏡をかけない方見栄えがいいからそうしているわけですね。

目が悪いというハンデ

まず大前提として女性が本能的に引かれるのは健康的で強いオスです。細マッチョがモテたり、背が高い人がモテたりするのはそのため。

ですが眼鏡をかけているというのは「私は目が弱い」とアピールしているようなもの。眼鏡をかけていると弱そうに見えるとかではなく、事実として身体的弱点があるオスであるということなのです。

眼鏡がモテない根本的な理由は、不健康で弱点のあるオスをアピールすることになるから。目が悪いのはしょうがないので、とりあえずそれをアピールするような眼鏡ではなくコンタクトに変えましょうということです。

顔が隠れる恐怖

サングラスとマスクをつけて帽子を深くかぶった男が目の前に現れたら怖いですよね。仮にサングラスだけでも、マスクだけでも少し不気味さを感じます。

というのも人間は本能的に顔が隠れていることに恐怖を感じるようになっています。相手の表情がわかりずらく何を考えているか、次に何をするかの予想がつかないから。

つまり眼鏡をかけると相手に暗い印象を与えるのはメガネフレームの明暗の問題ではなく、表情がわかりずらくて本能的に不気味に感じるからです。

その他もろもろのイメージ

あとはわざわざ解説するまでもない諸々の世間的なイメージがありますね。ゲームばっかりパソコンばっかりやってそう。オタクっぽそう。運動できなそう。がり勉っぽそう等々。

とにかく眼鏡をかけるというのは恋愛的にはハンデになります。少しでもモテたいと思うのであれば、女性と会う時くらいはコンタクトにしてみることを強くお勧めします

まとめ

女性は健康的で強いオスを本能的に好みますが眼鏡は「自分の目は弱い」という身体的弱点を開示することになるため、本能的に惹かれづらくなります。

また顔が少しでも隠れると表情が読み取りづらくなるため、本能的に不気味さを感じるので印象が暗くうつってしまうのです。

このようなハンデが眼鏡にはあるので、女性と会う時はなるべくコンタクトにした方がモテる確率は上がります。