管理人自身も高校まではモテないグループに属しており、そこの居心地の良さに甘んじていた時期があります。

モテないグループに属していることでモテないことを正当化できる側面もありますが、その居心地の良さが恋愛の足かせになっているとも言えるでしょう。

さらにもし自分が恋愛どうこう言い始めたらグループ内に居場所がなくなるのではないかという心配もあります。今回はそんな状況でどう恋愛の行動を起こすかを解説していきます。

抜け駆けするから失敗する

恋愛の宣言をする

一番ダメなのは誰にも相談せずコソコソ女の子にアプローチしているのがバレるパターン。友達に相談できないため失敗の確率が上がるほか、グループ内の背信者扱いになってしまいます。

なので予めグループ内で恋愛する宣言をすること。「お前何言ってんの?」と言われる可能性は高いですが、いたって真面目であることを伝えましょう。

友達も巻き込もう

さらにその勢いでグループのメンバーも誘ってみましょう。例えば「俺たち一回夏までに彼女作りに本気出してみない?」と。

大抵は「え~俺はいいよ~」と断られると思いますが、誘うことが重要。今後何か合ったときにも相談できる状況を作れますし、1人で抜け駆けしようとした背信者でもなくなります。

さらに女の子との話の流れで複数なら遊びに行っても良いとなった場合にグループ内でパーティーを組むこともでき、メリットは大きいです。

イメチェンしよう

管理人自身そうでしたがモテないグループに属している場合は、大抵ダサい髪型や服装をしています

今まではイメチェンしようにも友達グループの目が気になってできませんでしたが、恋愛宣言しておけば割りとスムーズにイメチェンが可能。

逆に何の宣言もなくイメチェンするのには想像を絶する勇気を必要とするのは想像に容易いでしょう。

フラれるのは恥ずかしいことじゃない

恋愛宣言をしてイメチェンもしたことで友達にはその本気度が伝わっていることでしょう。だからこそ仮にフラられても笑われるようなことはないはずです。もし笑うならそれはもはや友達とは呼べません。

逆に恋愛宣言をせずにフラれたことだけがバレると「抜け駆けしようとしやがって。ほれ見たことか」と言われかねません。どれだけ恋愛宣言をすることが重要かおわかりいただけたでしょうか。

絶対に偉そうにしない

そして一番やってはいけないのが抜け駆けよりも何よりも、彼女ができたときに偉そうにしないこと。

彼女ができると人間としてのランクが上がったような気がしてしまいますが、全くもってそんなことはありません。

もし「お前らももっと頑張ったほうが良いよ」などと上から目線になれば一瞬にして友達を失うことなるでしょう。個人的には恋人よりも友達のほうが大切だと思いますし、男に好かれる男が女性にもモテるものです。

まとめ

モテないグループにいながら恋愛をする場合は、とにかく真面目に恋愛宣言することが重要です。そうすれば批判的に見られることもないばかりか、応援を得られることもあります。

また「お前なに色気づいてんの?」といじられることもなく堂々とイメチェンできたり、色々と行動を起こすこともできます。

このグループで抜きん出るのではなく、一緒に頑張るもしくは応援してもらうというスタンスが成功の確率をあげますし、今後も良好な関係を保てるコツです。